ユニーファイナンス 口コミ評判

ユニーファイナンスでイザという時には安心です

↓ 金利の安いユニーファイナンスで借入はコチラから ↓





ユニーファイナンスは東海地方にお住まいの方に
おススメしたい無担保ローンです。

有人店舗も、無人店舗もあるので便利ですし
カードも即時発行です。

金額は300万円まで金利は12%〜17.95%
プロミスと提携しているので、プロミスの
ATMを使うことが出来ます。

専業主婦の人はご主人の同意があれば
借りることも可能です。

また東海地方に住んでいなくても、インターネットで
イマドキは手続きできるので、金利などの面で
お得だなと思った方は申込されてみては如何ですか?

プロミスのATMが使えるという事で
かなり自由度が高いと思います。

銀行系のカードローンなど借りにくいと
思われる方にもお勧めのローンになります。

急な借入の時には、カードローンが
扱いやすいですよね。

保証人が不要なユニーファイナンスです。
困った時の頼もしい会社です。

もう少し詳しい口コミはコチラ

名古屋の老舗の消費者金融会社になります。
名古屋在住の方には即日融資も可能です。

免許証

運転免許証や健康保険証などの
身分証明などをお忘れなく。

ホームページから簡単にキャッシングの
申込が出来ますよ。


キャッシング 5社の特徴を借りやすさ等で比較

キャッシングは何を基準にして選べばよいか
意外と悩んでしまうものです。

そこでよく知られている各社の特徴を
まとめて比較してみました。

大手と中堅消費者金融の違いもわかるように
なっています。




アイフル

<実質年率>4.5%〜18.0%
<限度額>500万円
<審査時間>最短30分
<借りやすさ>○

CMでおなじみの消費者金融アイフルです。

WEBからローンの申し込みができ、
最短即日または翌日の融資になります。

借入限度額の多さはさすがに大手です。

ただその分しっかりした収入がないと
審査には通りにくくなっています。

店舗の融資は提供されていません。

また返済手数料が大きいこともデメリットです。





プロミス

<実質年率>4.5%〜17.8%
<限度額>500万円
<審査時間>最短30分
<借りやすさ>○

知名度の高いプロミスです。

WEBから簡単に審査をしてくれるので
素早くキャッシングができます。

はじめての人は30日間無利息の
キャンペーンが行われています。

受取りは口座振込みか、プロミスATMで
いつでも借り入れができて便利です。

大手消費者金融なのでサービスは良いのですが、
一定の収入が条件であるため、
学生や専業主婦は借りることができません。





モビット

<実質年率>3.0%〜18.0%
<限度額>800万円
<審査時間>最短30分
<借りやすさ>○

CMでおなじみのモビットです。

三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行の口座がある場合は
WEBだけで申し込みが完了できます。

10秒でおおよその審査結果が判明し、
各社の中で最短と言えるでしょう。

デメリットは大手としては金利が高いこと、
返済時に手数料がかかることです。

また三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行に
口座がない人は優遇されていない印象を受けます。

大手なので一定の収入がないと借り入れはできません。




アロー

<実質年率>15.00%〜19.94%
<限度額>200万円
<審査時間>最短45分
<借りやすさ>◎

独自の審査基準を設けており、
大手でNG判定だった人でも借りることができます。

各社キャッシング比較の中でも
借り入れはしやすいと思います。

即日融資が可能で、銀行振込みで受取ります。

借り入れをしやすいユニーファイナンスとの比較では
実質金利が高いこと、改正貸金業法施行の頃に
サービスを始めているので実績が少ないという
デメリットがあります。




ユニーファイナンス

<実質年率>12.00%〜17.95%
<限度額>300万円
<審査時間>即日
<借りやすさ>◎

大手で落ちてしまった場合は、
ユニーファイナンスなら審査が通る可能性があります。
無担保ローンでも審査の通りやすさが人気です。

また営業開始から40年という信頼できる実績と、
大手プロミスのATMが利用できるカードを
発行してくれるので、非常に利便性が高いのです。

実店舗からの申し込みであれば即日融資が可能です。
ただWEB申し込みは申込書の郵送が必要なので、
即日は対応できません。

初回は申込書の郵送があったとしても
プロミスのATMが使えるメリットは大きいと思います。

低金利でもあるので、
総合的にはユニーファイナンスはオススメできます。





以上5社を比較してみました。

大手には良さもありますがデメリットもあります。

ご自身の状況に合わせて選んでみてくださいね。

 

サイトマップ